1028.us

管理ページへ

ログアウト

Composer

参考
Composerの基本的な使い方
Composerの導入&使い方
Composercomposer再入門
ComposerのCLIで利用できるコマンドの説明
Composer でパッケージの削除
PHPのオートロード(autoload)
PHPのautoloadについて
PHPの名前空間とcomposerのautoload


ComposerとはPHPのパッケージ管理ツールである。プロジェクト単位での管理が基本になる。

Composerのインストール

curlでインストール

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

※php.iniのasp_tagsをOnにしていると下記のエラーが出るのでOFFにする。
PHP Fatal error: Directive 'asp_tags' is no longer available in PHP in Unknown on line 0

「composer.phar」というファイルはダウンロードされる。このファイルがComposerの実行ファイルとなる。

バージョンを確認する。

$ php composer.phar -v

実行ファイルまでのパスを書かないといけないので、Composerをコマンドとしてインストールする。

$ mv composer.phar /usr/local/bin/composer
# 念のためwhichでコマンドの存在確認
$ which composer
/usr/local/bin/composer

バージョンを確認する。

$ composer -v

セットアップ

ディレクトリを作成してディレクトリ内に composer.json を作成し、require キーでパッケージ名とバージョンを指定する。

パッケージの確認

{
    "require": {
        "monolog/monolog": "1.0.*"
    }
}

パッケージのインストール

$ php composer.phar install

これでcomposer.jsonに指定したパッケージが、指定したバージョンでvendorディレクトリ内にインストールされる。

composerのパッケージダウンロード方法には2通りある。

オプション 説明
–prefer-source 開発の為に使用される。gitのようなソースコードリポジトリからダウンロードされる。ダウンロードされたパッケージのリポジトリ上での変更が欲しい場合に取得する事ができる。
:–prefer-dist パッケージデータをパッケージ化されたバージョン。リリース版や、安定版になる。

パッケージの更新

パッケージは自動更新されないため、新しいバージョンにアップデートするときはupdateコマンドを使う。

$ php composer.phar update

アップデートするパッケージを指定することも可能。

$ php composer.phar update monolog/monolog

パッケージの追加

composer update をすると、関係無いライブラリの更新まで入ってしまうので指定のパッケージの追加のみを行う。

$ composer require パッケージ名
# バージョン指定
$ composer require hoge/huge:2.6.30

List of Category